top of page

「地球交響曲(ガイアシンフォニー) 第七番」上映会 1月

全ての生命が潔く健やかに生き続けるために


映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』とは、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論、「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という考え方に勇気づけられ、龍村仁監督によって制作されたオムニバスのドキュメンタリー映画シリーズです。

美しい映像と音楽、珠玉のことばの数々によって織り成されるドキュメンタリー映画『地球交響曲』は、環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっており、1992年公開の「地球交響曲第一番」から2021年公開の最新作「第九番」まで、草の根の自主上映を中心とした上映活動だけで、これまでに延べ、250万人に上る観客を動員、その数は今なおとどまることなく、かつてないロングランヒット作となっています。

小さな上映会 in 西宮では、1月に『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第七番』を上映します。
 

上映作品:
 『地球交響曲 第七番 -GAIA SYMPHONY No.7-』

上映日時:  ① 1/14(日) 15:00~17:15  ② 1/17(水) 13:00~15:15  ③ 1/28(日) 15:00~17:15
 ④ 1/31(水) 13:00~15:15


チケット代金(当日現金にてお支払いください):  a) 映画+上映後のお茶付きシェア会 1,500円  b) 映画のみ 1,300円

会場:
studio awai(あんのん舘2F・西宮市田中町4-9)



お申し込み方法:
 下記のフォームへご記入ください。  https://www.unknownkan.com/events/gaia-symphony-no7
 


地球交響曲「第七番」は、母なる星GAIAからミクロのバクテリアまで、この世の全ての生命体が、その内部に秘めている生命の叡智・自然治癒力の、健やかな発現を願い、祈る作品にしたい、と考えています。


自然治癒力とは、ふだんから全ての生命体の中で働き続けていて、その複雑極まりない生命システム全体の統一と調和を整えている“目には見えない力”のことです。


時に、その生命体が命の危機に遭遇した時、それ迄の自分の生命システムを一気に変えて、その危機的状況下でも生き延びることのできる新しい生命システムに組み替えてゆく、神秘的な力も秘めています。ごく稀な例とはいえ、末期癌や不治の病から奇跡的に生還され、健やかに生き続け、穏やかに生を全うされた方々の話をお聞きになったことがあるでしょう。彼らは異口同音に言います。


「命の危機に遭遇した時、その苦しみを忌むべきこととは捉えず、かけがえのない試練と受け止め、感謝の想いすら持って、からだの内なる声にしたがって、今、自分にできることを精一杯やっていると、フト気が付くと死の淵から生還していた」というのです。


すなわち、危機的状況下で自然治癒力が、健やかな方向に発現するか否かのひとつの鍵は私たちの心のあり方にあったのです。


今、母なる星GAIAは悪性の肺炎に苦しんでいます。過激化する天候異変は、自らの力で病を癒そうとするGAIAの巨大な自然治癒力の現れです。そして、私達人類は、そのGAIAの心を荷う存在です。


「第七番」では「GAIAの自然治癒力」の健やかな発現を願って、GAIA本来の「心」とはなにか、その「心」に寄り添うために、私達人類は今、なにに気付き、なにを捨て、なにを取り戻すべきか、を問いたいと思います。

龍村仁

 

アンドルー・ワイル

統合医療医学博士


1942年アメリカ・フィラデルフィア生まれ。ハーバード大学卒、現アリゾナ大学統合医学プログラム理事。世界各地の伝統医療と西洋近代医学を統合する「統合医療」の世界的第一人者。『人はなぜ治るのか』『癒す心、治る力』など、世界的ベストセラーの著者でもある。医学部時代、西洋近代医学の限界を痛感し、伝統医療の叡智を求めて、アマゾン奥地をはじめ、世界各地を旅し、薬草やシャーマニズムのフィールドワークを行う。


彼の持つ経験と叡智は、医療の分野に止まらず、広くGAIAの「心」を知る上で、深い示唆を与えてくれる。今はアリゾナの砂漠地帯に住む傍ら、カナダB.C州の小さな島で、GAIAの「心」に沿った理想的なライフスタイルを求めて活動を行っている。


高野孝子

環境教育活動家


1963年新潟県生まれ。早稲田大政治学大学院修了、英字新聞記者を経て、ケンブリッジ大「環境と開発」修士、エジンバラ大教育学博士。アマゾン1,500キロカヌー下り、ベーリング海峡スキー横断など、数多くの冒険体験を持つ。1995年、男3人、女2人の国際混成チームで、人力と犬ぞりによる北極海横断の旅を日本人として初めて成し遂げた。また、アラスカ・カナダの北極圏や南太平洋の小さな島に住む先住民の古老達と共に生活し、彼らの自然と共に生きる叡智を、現代の教育に生かす道を探り続けている。


最近では「大地とつながる」教育をめざして、手作業による米作りなど日本の伝統的自然農法を軸に人と自然のあり方を体験から学ぶプロジェクト「TAPPO南魚沼やまとくらしの学校」を始めた。



グレッグ・レモン

ツール・ド・フランス覇者


1961年アメリカ・カリフォルニア生まれ。標高3千メートルを越えるアルプスの山岳地帯から平野まで、4千キロの道のりを20数日間に渡って駆け抜ける自転車競技「ツール・ド・フランス」は、世界のあらゆるスポーツの中でも最も過酷だと言われている。グレッグ・レモンは、1986年、ヨーロッパ出身の選手以外で、史上はじめてチャンピオンとなった。ところが、翌1987年春、人気も実力も絶頂期にあったレモンは不慮の事故で全身に散弾銃を浴び、瀕死の重傷を負う。再起不能と言われる中、1989年、全身に鉛の銃弾を残したまま復帰。レース最終日、フランスの英雄フィニヨンを抜き、僅か8秒差で再びチャンピオンになった。この日の奇跡のようなレモンの走りは、今も語り草になっている。


2009年5月、次男を伴い日本の山岳地帯の聖地を訪れ、伝統工芸の匠達に会う自転車の旅を行った。


 


bottom of page